RISU

計算が苦手にならない算数タブレット教材「RISU(リス)きっず」特徴・サービスまとめ

こんにちは!だちたまです。

皆さん、タブレット教材「RISU(リス)きっず」をご存知でしょうか。

RISUは、子どもの学力に合わせて算数を学習できるタブレット教材です。

しかも、東大生ら一流大学生の個別フォロー付き!

だちたま
だちたま
息子には楽しく勉強ができる子になってほしいなあ

こんなことを漠然と考えていたとき、未就学児でも算数を勉強できる「RISUきっず」の存在を知り、早速息子と体験してみることにしました。

今回は「RISUきっずってそもそも何なの?」という疑問に答えられるよう、機能やサービスをまとめました。

RISU(リス)きっず・RISU(リス)算数とはそもそも何?

RISUきっずとは、子どもの学力に合わせて算数の学習ができるタブレット教材です。
年中後半から年長さんが対象の「RISUきっず」と、小学生が対象の「RISU算数」があります。

我が家は、息子が3歳なので迷わずRISUきっずを選択。

だちたま
だちたま
なかなか未就学児が算数を勉強する機会はないけど、RISUきっずを使えば、小学校入学前から算数を先取りして勉強できるんですよ。

RISU(リス)きっずの6つの特徴

RISUきっずを実際に体験してみて、以下の特徴がありました。

RISUきっずの特徴

  1. 子どもの学習データを確認できる
  2. 東大生らの一流大学生からの個別フォローがある
  3. 問題文の読み上げ機能がある
  4. 勉強の先取りも復習もできる
  5. 楽しみながら勉強できる
  6. ブルーライトを軽減する配色を採用していて目に優しい

それでは、一つ一つ説明していきます。

【RISU(リス)きっずの特徴】メールで子どもの学習データを確認できる

RISUきっずの学習記録は、Wifiによってタブレットからサーバーに蓄積されていきます。

このデータを基に、保護者には以下の内容がメールで送られてきます。

RISUきっずから保護者に送られてくるメールの内容

  • どのくらいの学習ペースなのか
  • どんな問題が解けたのか
  • どのような成績だったのか
  • 復習すべきポイント何なのか

実際のメールの画像は以下のとおりです。

メール本文には、問題のクリア状況など、様々な情報が記載されています。

親がその情報を知ることで、以下の対策ができるようになります。

  • 解けた問題の確認 ⇒ 子どもの学習の定着の度合いを把握できる。
  • 復習ポイントを確認 ⇒ 苦手な問題の傾向を把握でき、重点的に対策を行える。
  • 子どもの学習ペース ⇒ 勉強がサボり気味じゃないか確認できる
だちたま
だちたま
子どものつまづいたポイントを知ると、親もしっかりフォローしやすくなりますよね!

【RISU(リス)きっずの特徴】東大生らの一流大学生からフォローがある

「東大生がフォローしてくれる・・・!」というだけで親としてはテンション上がっちゃいますよね!

なぜなら、東大生が勉強を教えてくれるなんて、普通ならそんな機会まずないですから。

先ほど述べたとおり、タブレットで回答した全ての学習データは、サーバーに蓄積されます。

これらのデータを基に、子ども一人一人の学習データを分析して、東大生達が苦手なポイントの個別フォローを行ってくれるんです。

一人一人の学習状況に沿ったアドバイスをもらうことができ、さらに、苦手な問題があっても、東大生達の解説動画を繰り返し観て理解を深めることができますよ。

わからないことをそのままにせず、きちんと知識が定着するまで学習することができるんです。

しかも、東大生達の解説動画はとってもわかりやすい。

東大生達のフォローアップ動画の例は公式HPに掲載されていますので、チェックしてみてください!

RISU算数 データに基づく的確な個別フォロー

だちたま
だちたま
苦手なポイントに対して、すぐにフォローアップができるのがRISUの最大の魅力です。

【RISU(リス)きっずの特徴】問題文の読み上げ機能がある

タブレットには、問題の読み上げ機能があります。

問題はひらがなで書いてありますが、年中さんくらいだとひらがなを未だ読めない子も多いですよね。

私の息子もひらがなは、ほぼ読めません。

「おとできく」ボタンを押すことで、ゆっくり丁寧に機械が問題を読み上げてくれるので、親が付いていなくても、一人で問題を解いていくことができますよ。

この機能により、ひらがなや言葉の発声の学習にもなるんです。

だちたま
だちたま
算数の学習にして、ひらがなやことば、つまり国語の勉強にもなるという訳です。

【RISU(リス)きっずの特徴】勉強の先取りも復習もできる

RISUの問題は、以下のように各ステージに分けられ、たくさんの問題が用意されています。


各小問題を解くと点数をつけてもらえる仕組みです。

どんどん学習していきたい子は、次のステージに進み、本来の学年より上の勉強ができます。

一方で、じっくりマイペースに進めていきたい子は、1日に取り組む問題数を決めるなどして、自分のペースで進めていくことができます。

また、間違えた問題や、苦手な問題に対しては、戻って何度も繰り返し問題に取り組むことができますので、苦手なポイントが解消するまでじっくり学習することができますよ。

だちたま
だちたま
子どもに合ったペースで学習に取り組めるように設計されているんです。

【RISU(リス)きっずの特徴】楽しみながら勉強できる

以下はRISUきっずの学習画面ですが、イラストが多く可愛いデザインに仕上がっています。


息子も初めて学習を始めた時は、この可愛い画面に大喜び!

むすこ
むすこ
おお~!可愛いね!

っと喜びながら、目をキラキラさせて問題に取り組みました。

冒頭でも述べましたが、RISUきっずをやろうと思ったは、息子に勉強の楽しさを知ってほしかったからです。

なぜなら、学ぶことは将来大人になってからも、とても大切なこと。

小さい頃から学ぶことに喜びを感じられる人間になってほしいと思っていたんですよね。

そういう意味では、RISUきっずは勉強の楽しみを知るのに、最適な教材でした。

初めて勉強を終えた日、息子は

むすこ
むすこ
もう終わり!?あのゲームまだやりたい!

と言っていました。

だちたま
だちたま
ゲーム感覚で楽しく勉強してるのは良い傾向!

楽しみながら100点取れるまで頑張る息子の姿が印象的でしたよ。

【RISU(リス)きっずの特徴】ブルーライトを軽減する配色を採用

タブレット教材で唯一私が心配なところ!それは、「子どもの目が悪くならないか」ということです。

その答えはRISUの公式HPにありました。

RISUでは、お子様の大切な目の安全に最大限配慮し、ブルーライトを軽減する配色に加え、一般のタブレット教材によくあるゲーム類も一切ありません。
また、先取りをしているお子様でも1日の平均学習時間は15分未満。目が疲れにくい範囲で、集中して取り組むめる仕組みになっています。

引用:RISU公式サイト

目に優しい配色にしており、瞬きの回数を減らすようなゲーム類も無いということです。
ひとまず、子どもの目のことを考えた対策を行ってくれているので安心です。

ただし、学習時間には気を付けなくてはなりません。

だちたま
だちたま
しっかり休憩をはさんで、目が疲れないように親が管理する必要はありそうですね

50名限定!1,980円(税別)で特別に1週間お試し可能!

ご紹介してきた「RISUきっず」ですが、
以下のクーポンコードを使って申込みを行えば、50名限定で、特別にRISUを1,980円(税別)で1週間お試し利用することができます♪

クーポンコード「dac07a」

通常は即申し込みになるところ、割安でお試しできますよ♪

しかも、お試し後に本契約をすると、お試し料金1,980円(税別)は無料になります!

百聞は一見に如かず!子どもに勉強の楽しさを知ってもらいたい方は、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

\1週間お試し1,980円!/
【RISU限定コラボ企画】RISUお試しキャンペーン

算数タブレット教材「RISU(リス)きっず」特徴・サービスまとめ

「RISU(リス)きっず」特徴・サービスまとめ

  • メールで子どもの学習データを確認できる
  • 東大生らの一流大学生からフォローがある
  • 問題文の読み上げ機能がある
  • 勉強の先取りも復習もできる
  • 楽しみながら勉強できる
  • ブルーライトを軽減する配色を採用

RISUきっずには、子どもの学習をフォローする様々な仕組みがあります。

実際に使ってみて、楽しみながら勉強をすることができる要素もしっかりと組み込まれていると感じました。

また、RISUは、子どもの学習状況や学力に合った勉強を進めることができます。

気になる方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

\1週間お試し1,980円!/
【RISU限定コラボ企画】RISUお試しキャンペーン

 

だちたま
だちたま
3歳の息子にRISUきっずを体験させてみました。様子はコチラからどうぞ♪
徹底調査!算数タブレット教材「RISUきっず」評判・口コミまとめこんにちは!だちたまです。 こんな疑問にお答えするため、RISUきっずの評判・口コミを徹底調査しました。 RISUき...