スーパーマリオオデッセイ

マリオオデッセイの曲が名曲すぎる件。主題歌&エンディング曲を紹介

こんにちは!だちたまです。

Switch初のマリオシリーズとして登場した「スーパーマリオオデッセイ」は、映像の美しさはもちろん、様々なアクションやギミックがあり、誰でも楽しめるゲームです。

ゲーム中で流れる音楽も最高で、マリオシリーズ初の「ボーカル曲」があり、主題歌「Jump Up, Super Star!」はゲームの音楽とは思えないほどの名曲で、耳に残る音楽です。

しかも、マリオオデッセイのボーカル曲はこれだけではないんです。

2つ目のボーカル曲「Break Free (Lead the Way)」が「Jump Up, Super Star!」に負けず劣らずの鳥肌ものの音楽でした。

今回は、マリオオデッセイの2つのボーカル曲を紹介したいと思います。

※マリオオデッセイをプレイした感想はこちらで記事にしています。

super-mario- odyssey_top
スーパーマリオオデッセイがめちゃめちゃ面白い!ゲーム素人主婦でも楽しめる7つの理由とは?任天堂Switchのソフト「スーパーマリオオデッセイ」を購入し、子どもが寝静まった後など、空いた時間を見つけて遊んでみました。 マ...

マリオオデッセイの名曲「Jump Up, Super Star!」

マリオオデッセイの発売に合わせてこの音楽がCMで流れたので、聴いたことがある人も多いでしょう。

だちたま
だちたま
一度聴いたら忘れない胸躍る音楽ですよね。息子に聞かせたら無言で踊りだしましたw

マリオオデッセイのストーリーがネタバレしてしまうので、気になる方は見ないようご注意ください。

英語版を歌うのは、アメリカの歌手・ジャズのピアニストとして知られるケイト・ヒギンズさん。声優としても有名な方です。

だちたま
だちたま
当時48歳とのことでしたが、素敵な声ですよね。この曲にピッタリだと思います。

さらに「Jump Up, Super Star!」の日本語版もあります。

そのタイトルは「Jump Up, Super Star! ~オデッセイでっせい~」

だちたま
だちたま
オデッセイ…でっせい…

サブタイトルのあまりのダサさに一瞬びっくりしましたけど、曲の良さとのギャップが良いですね。

※日本語版の曲はこちらで聴けます。

日本語版の歌手は、女性アーティストの向原むこはら愛海あみさん。

1990年生まれの当時27歳で、2017年8月にミニアルバム「SHE」で全国デビューされています。

パワフルだけど透き通った声がとっても素敵。

マリオオデッセイのエンディング曲「Break Free (Lead the Way)」が泣ける

マリオオデッセイの主題歌に隠れがちですが、2つ目のボーカル曲「Break Free (Lead the Way)」が「Jump Up, Super Star!」に劣らず、最高に良い曲なんです。

エンディングで流れるのですが、ストーリーの状況と相まって涙が出そうになります。

だちたま
だちたま
まさかゲームで、それもマリオで涙が出そうになるなんて…!

YouTubeに英語バージョンと日本語バージョンの歌が上がっていたので、載せさせていただきます。

マリオオデッセイのストーリーがネタバレしてしまうので、気になる方は見ないようご注意ください。

いかがですか!?

ジャズ調のBreak Free (Lead the Way)」ですが、耳に残る名曲ですよね。

だちたま
だちたま
ああ、カッコいい…。

歌詞も、

  • ブロックを壊したら
  • フラッグを掴むよ
  • 蹴り上げたこの足で 二次元をまたげば
  • 三次元の奇跡

など、マリオオデッセイを連想させるようなフレーズが含まれています。

また、スーパーマリオ64のクッパ戦のBGMが間奏で使われるなど、マリオファンを唸らせる内容になっています。

「Break Free (Lead the Way)」を歌うのは、「Jump Up, Super Star!」と同様、英語版はケイト・ヒギンズさん、そして日本語版は向原愛海さんです。

だちたま
だちたま
すっかりこの2人のファンになってしまいましたよ♪

マリオオデッセイ主題歌&エンディング曲まとめ

今回は、マリオオデッセイで流れる2つのボーカル曲についてご紹介しました。

  • 主題歌:Jump Up, Super Star!
  • エンディング曲:Break Free (Lead the Way)

こんな良い曲を作ってしまうなんて、任天堂さんさすがです。

この曲聞くためだけでもマリオオデッセイをやる価値はありますね。

紹介した曲は、マリオオデッセイのサウンドトラックにも収録されています。めちゃめちゃ良い曲ですので、聴いてみてはいかがでしょうか。