ブログ記事の閲覧数について、WordPressの管理画面で手軽に確認したいと思ったことはありませんか?
Google Analyticsを使えば記事の閲覧数だけではなく詳細なデータまで確認できますが、「どれくらい閲覧があったのかちょっと気になっただけ」という時に使用するにはちょっと面倒臭さがありますよね。
そんな要望に応えるため、WordPressの管理画面で手軽に記事の閲覧数を確認できるプラグインを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



WP-PostViews

言わずと知れた閲覧数が確認できる超有名なプラグインです。
インストールするには、メニューの「プラグイン」「新規追加」からキーワードに「WP-PostViews」と入力して検索し、「今すぐインストール」を押下します。
インストールが完了したら「有効化」を忘れずに行いましょう。

 

「WP-PostViews」の設定方法

設定から「PostViws」を選択し、初期設定を行います。

設定内容

設定内容は非常に簡単です。下記3項目の設定を行います。

カウントする閲覧元

「すべて」「ゲストのみ」「登録したユーザーのみ」の3つから選択することができますが、「ゲストのみ」を選択しておきましょう。

「すべて」にすると記事の作成者も閲覧者としてカウントされてしまいます。

ボットからのビューを除外

「はい」「いいえ」から選択できますが、「はい」を選択しておきましょう。

ボットとはWebページを自動的に収集するプログラムのことを言います。Googleのクローラも該当しますので、ブログを訪問してきた人だけカウントする場合には、「はい」にしておく必要があります。

ビュー数の表示形式

表示形式にこだわりがない場合は、初期設定の「%VIEW_COUNT% ビュー」のままで良いです。

設定が完了したら、「変更を保存」ボタンを押下しましょう。

 

表示を確認

投稿一覧を見てみましょう。下記の様に「表示数」が表示されます。

ちなみにこの表示数は、右上の「表示オプション」を開いてチェックを外すことで、非表示にすることもできます。

 

以上で、「WP-PostViews」の設定は終了です。
設定から使用可能になるまで、ものの数分で終わります。
各記事の閲覧数がわかると、どの記事が人気で、どの記事が人気が無いのかが一目でわかるのでブログの方向性を決める判断材料になりますよね。

WordPressで記事の閲覧者を確認したい場合は、是非導入してみてください。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です