このブログですが、例えばGoogle検索で「ダチョウのたまご。 WordPress」と検索してみると、以下のような画像だけのページがヒットすることに気が付きました。

しかも、色々とページのカスタマイズをしているせいか、表示が壊れてしまっています。

そもそも、このような画像だけのページが表示されることは想定していなかったので、発見した時はちょっとショックでした。せっかくカスタマイズしたのにやり直しかな…なんて。

対策として、このような画像などのメディアページを表示した場合、404エラーを返すようにしましたので、その方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



アップロードした画像のページが自動生成される

調べてみると、WordPressは、追加した画像のページが自動で生成されてしまうようです。

それ自体に問題はないのですが、私の場合、検索結果の上位に表示されてしまうこと、さらに、デザインが壊れたページが表示されてしまうことが問題でした。

カッコ悪いですし、閲覧者の方にも申し訳ないです。

 

全ての画像ページで404エラーを返す

404エラーとは、存在しないページがリクエストされた場合に、サーバーが「そのようなページは見つけられなかった」ということを示すエラーです。

今回は、画像だけのページにアクセスがあれば、404エラーを返すようにPHPファイルを一部修正しました。

404エラーが返れば、いずれGoogleのインデックスからも削除され、検索結果には表示されなくなります。

たとえ表示されても、エラーを示すページが表示されるので、少なくとも壊れたデザインのページが表示されることは無くなり、私の悩みは解決します。

 

修正する対象ファイル

修正するPHPファイルは、「functions.php」です。

あらかじめ子テーマを作成しておくと良いです。また、失敗しても復元できるようにバックアップを取っておきましょう。

ファイルは「public_html/wp-content/themes/子テーマ」に格納します。

 

追加するコード

functions.phpに以下のコードを追加するだけで、対応は完了です。

 

<?php ~ ?>の中にコードを記入するようにします。

 

対応完了後

対象の画像のみのページを開くと、以下のページが表示されるようになりました。

「お探しのページは見つかりません。」が表示され、画像のみのページは表示されなくなりました。

すぐに検索結果から消したい場合は、Google Serch Consoleを開いて、URLの削除をすると良いですが、今回はしばらく、PHPファイルの修正のみで様子を見たいと思います。

検索結果に表示されなくなってきたら、追記にてご報告させていただきます。

私と同じような悩みをもっている方は参考にしてみてくださいね。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です