アクションが大きくて人気の海外版のプラレール「トラックマスター」は、日本のプラレールと互換性があり、各々の車両がお互いのレールを走行することができる、と言われていますが、一部、走行できないパーツがあるようです。

このブログにも「トラックマスター プラレール 違い」という検索ワードでの訪問があり、皆さんが気になっている内容だと感じたので、トラックマスターとプラレールの違いをまとめてみました。

スポンサーリンク



トラックマスターとは

トラックマスターは、海外版のプラレールです。

元々、イギリスやアメリカ等の海外でも日本のプラレールが販売されていましたが、それが終了し、現在ではフィッシャープライスが製造している「Track Master(トラックマスター)」発売されています。

車両は日本のプラレールとほぼ同じ形状ですが、レールのシステムは変更になっています。

日本のプラレールの車両をトラックマスターのレールで走らせることもできますし、逆にトラックマスターの車両をプラレールのレールで走らせることもできますが、一部のパーツで引っかかってしまうなど、パーツによっては、走行できない場合もあります。

 

トラックマスターの特徴

セット商品が梱包されずそのまま箱に

日本のプラレールのセット品は、発泡スチロールなどで梱包され、箱に収まっていますが、トラックマスターはワイルドに、レールパーツがむき出しのまま箱にごちゃっと入れられていることが多いようです。

商品の傷とか大丈夫なのかなってちょっと心配ですが、海外の商品ということで大目に見ましょう。

 

説明書は絵が多くわかりやすい

海外の商品なので、説明書が英語で書かれているのでは、と不安に思ってしまいますが、説明書は組み立て方法を示した図が多く、英語がわからなくても組み立てられるようになっています。

 

レールがおしゃれ

日本のプラレールのレールは青色ですが、トラックマスターのレールは、グレーやブラウンが多く、本物のレールに近い造形になっています。

枕木と砂利部分も見事に表現され、とれもおしゃれな仕上がりです。

日本のプラレールのレールとは連結できないので、連結パーツがAmazonなどで販売されています。

少しややこしいのが、連結パーツは「旧トラックマスターとプラレール」の連結であり、新トラックマスターのレールに繋げるには、さらに「新トラックマスターと旧トラックマスター」の連結パーツが必要ですので、連結したい場合には注意が必要です。

 

アクションが大きい

トラックマスターは、トーマスが大ジャンプしたり、ジェットコースターの様に滑り落ちるコースがあるなど、とにかくアクションが大きく楽しめる商品が多いです。

日本のプラレールにはない、迫力満点なアクションが魅力です。

※トーマスが大ジャンプするトラックマスターの「トーマススカイハイブリッジジャンプ」の記事はこちらから。

トーマスが大ジャンプ!「トーマススカイハイブリッジジャンプ」 がプラレールの常識を覆す!

 

電車の後輪がギザギザに加工されている

こちらの画像を見ていただくと一目瞭然ですが、トラックマスター電車は、後輪がギザギザになっています。

 

トラックマスターは、急な坂を上ったり下ったりするコースが多いので、このギザギザがしっかり車両を支えて、コースを上手く走るように設計されています。

日本のプラレールと大きく違うのは、この部分です。

 

日本で未発売のキャラクターが多数発売されている

日本では商品化されていない「フライング・スコッツマン」や「エティエンヌ」、「ヒューゴ」などが販売されています。

どれも可愛いものばかり。本当にたくさんのキャラクターがトラックマスターで発売されているので、欲しいキャラクターが日本で未発売の場合は探してみるのもアリですね。

 

 

 

プラレールの車両がトラックマスターのレールで走れない場合がある

上記でも述べていますが、トラックマスターは急な上り坂、下り坂のコースが多く、アクションも豪快です。

トラックマスターの車両の後輪は、ギザギザに加工されているため問題もなく走行できますが、日本のプラレールはそのような加工が無いため、コースによっては、坂道を登れない、下れない、一部のギミックが動作しない、などの場合があります。

※以下のYouTube動画が参考になります。(4:00前後)

 

トラックマスターの車両がプラレールのレールで走れない場合がある

逆に、トラックマスターの車両がプラレールのレールで走れない場合もあります。これはキャラクターにもよりますが、車両の大きさ等によって生じてしまうようです。

例としては、踏切、レールの連結部分、曲がレール、レールのポイント部分で車両が引っかかり、走行できない場合があるようです。

トラックマスターの車両を止めることなく走らせたい場合には、シンプルなレイアウトにすると良いですよ。

※以下のYouTube動画が参考になります。(5:00前後)

 

いかがでしたか?

今回は、海外版プラレールである「トラックマスター」の特徴と日本のプラレールとの違いをまとめてみました。

似ている商品ではあるものの、違う会社が製造していることもあり、一部のレールパーツでは車両が走行できない場合がありますが、それを把握し、コースレイアウトを工夫をすることで、互いの車両やレールを使って、遊ぶことができますよ。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です