先日、知人が息子に下のおもちゃ「トーマス レッツゴー大冒険!」をプレゼントしてくれました。

thomas-let's-go-01

親である私が感心してしまう仕掛けがたくさんあり、子どもの思考力や集中力などの様々な能力を伸ばすことができる良くできたおもちゃだと思いましたので、実際に遊んでみた感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク



トーマス レッツゴー大冒険!

ちょっと大きいけど3歳児でも持てる重さ

箱を開けて完成したおもちゃがこちらになります。

thomas-let's-go-02

大きさは幅37㎝、奥行き37cm、高さ24cmとやや大きめですが、3歳児でも持ち運びができる重さです。

ほとんどできあがった状態で箱に入っているので、組み立ては1分ほどで完了します。

子どもでも問題なく組み立てることができます。

 

キャラクターはトーマス、パーシー、ハロルド、クランキーの4種

トーマスとパーシーはコース内を走る車両として付属しています。

小さいので無くさないよう注意が必要です。

thomas-and-percy

ハロルドとクランキーは、トーマスとパーシーがコースを走るのを補助するためにおもちゃに設置されています。

harold-and-cranky

どのキャラクターも可愛くできていますよ( *´艸`)

 

様々なボタンやレバーを使って遊ぶ

おもちゃには全部で6個のボタンやレバーが付いています。

thomas-let's-go-03

これらのボタンやレバーを使ってトーマスを上手に走らせることで、コースを周回させることができます。

ボタンやレバーの1つ1つの仕組みにとっても感心しましたので、紹介したいと思います。

1つ目の仕掛け

駅の前からスタートになります。

赤いボタンを押すと駅前のコースが上昇して、トーマスを次のステージに運んでくれます。

thomas-let's-go-04

 

2つ目の仕掛け

赤いレバーをひねると、コースが回転します。

thomas-let's-go-05

 

3つ目の仕掛け

緑のレバーを回すと、コンベアを使ってトーマスが山を登ります。

同時に、ハロルドが動いて、山の頂上まで迎えに来てくれます。

thomas-let's-go-06

 

4つ目の仕掛け

黄色いボタンを押すと、山の頂上が上昇します。

山の頂上が上昇することで、トーマスとハロルドが近づきます。そして、磁石によってハロルドとトーマスがくっつき、ハロルドがトーマスを離れたコースまで運んでくれます!

thomas-let's-go-07

これが一番「すごい!」と私が感心したところです。

ハロルドがトーマスを運ぶ姿が可愛いです。トーマスは宙に浮いているように見えます。

 

5つ目の仕掛け

黄色いレバーを引くことで、鉄橋が架かり、トーマスが進めるようになります。

thomas-let's-go-08

 

6つ目の仕掛け

グレーのレバーを引くと、クランキーがトーマスを駅に繋がるコースに運んでくれます。

thomas-let's-go-09

 

以上の6つのボタンやレバーを回す、押す、引く、つまむ、ひねることで、手先を器用にしたり、知能を発達させることに役立ちます。

また、どのボタンがどのように動作するのか覚えたり、場面に合わせて使うのも脳を使うので、思考力や集中力を伸ばすことができます。

 

遊び方は様々

我が家では、3才3カ月の息子に遊ばせてみました。

最初はどのボタンがどのように機能するのかわからず、手探りの状態で遊んでいましたが、自分の力でトーマスを1周させることができた時には、「やったー!」と大きな声を上げて喜んでいました。

きっと、自分一人でできたという達成感があったのでしょう。

遊んでから30分ほどで、どのボタンがどのように機能するのか全て覚えたようで、しばらく一人で遊んでいました。

子ども一人で遊ぶのにも十分なおもちゃですが、1周どれくらいの速さで回ることができるのか競争したり、トーマスとパーシーの2つを使って、追いかけっこをしたりと親と一緒に遊んだりしています。

仕掛けに感心してしまって、親も一緒に遊ぶのに飽きないおもちゃです(笑)

 

電池が要らない!

嬉しい要素として、このおもちゃは電池が不要です。

長く遊んでいるとちょくちょく電池代が掛かってしまうおもちゃもあるので、ランニングコストが掛からないのは地味に嬉しいですね。

 

メーカーは信頼できる学研ステイフル

製造メーカーはどこなのかなーと調べてみたところ、学研グループの企業である学研ステイフルだとわかりました。

幼児や児童向けに様々な学習の助けになる知育玩具を開発・販売している会社で、とても信頼できる大手企業ですね。

「トーマス レッツゴー大冒険!」は、大人の私でも感心してしまう様々な仕掛けがありました。

こんな仕掛けを考えるなんて、さすが学研さんだなという感じです。

 

「トーマス レッツゴー大冒険!」は、遊びを通じて高い集中力が養われ、独自の遊び方を見つけたりと、様々な知能能力の発達が期待できるのが最大の魅力です。

クリスマスや誕生日プレゼントとして、子どもだけではなく親御さんにも喜んでもらえるおもちゃだと思います。

また、4つのキャラクターがいて、トーマスシリーズのおもちゃの最初の入り口としても良いかなと思います。

ただし、ハロルドを支えるプラスチック製の棒は、無理やり引っこ抜いたりすると、折れてしまうことがあるようですので、乱暴に扱わないように注意しましょう。

今回ご紹介した「トーマス レッツゴー大冒険!」、是非お子様にいかがでしょうか。

“【知育玩具】遊びながら能力を伸ばす!「トーマス レッツゴー大冒険!」をレビュー!” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です