先日、有名YouTuberや「ヒルナンデス!」などのTV番組で紹介された「WAYLLY」のスマホケースを購入しました。

このスマホケース、壁にピタッ!と、くっ付くのが最大の特徴なんですが、実際に使ってみると、様々な良い部分が見えてきました。それと同時に、ちょっと気になる部分も見えてきました。

今回は、「WAYLLY」のスマホケースを実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。

ちなみに、「WAYLLY」のスマホケースは、iPhone5・5s・5c・SE・6・6s・7・8・PLUS・Xに対応しています。

スポンサーリンク



WAYLLYスマホケースの良い点

壁に貼り付けることができる

冒頭にも書きましたが、WAYLLYのスマホケースは、ガラスや鏡、金属にくっ付きますので、壁に貼り付けることができます。

購入してから、試しに木材の扉にもくっ付けてみましたが、問題なく、貼り付けることができました。

さすがに室内の壁紙にくっ付けることは無理でしたが、それでも接着力は驚くほど強力です。

ありそうで無かった「壁にくっ付く」という機能ですが、これによって「WAYLLY」のスマホケースは、様々な場面ですごく活躍してくれます。

 

自撮りに役立つ

WAYLLYスマホケースのコンセプトは、「ウェイリーでセルフィー(自撮り)」。

そのコンセプト通り、スマホを壁にくっ付けることで、自撮り棒を使わず、自撮りがすることが可能になっています。

平面の壁さえあれば、特別な道具を必要とせず、どこでもくっ付けて自撮りが可能なので、SNSで写真をアップしたり、友達と写真を共有したりと、様々な場面で役立ちます。

天井にくっ付けて、真上からの写真を撮る、なんてことも可能なので、これまで取れなかった角度やシチュエーションから写真を撮ることができ、より写真を楽しめそうです。

 

動画を見るのに役立つ

スマホを壁にくっ付けてみると、画面は小さいですが、壁掛けのテレビの様になりますので、ちょっとした時にスマホを壁にくっ付けて、動画やサイトを見るのに役立ちます。

私の場合は、子どもがぐずったけど一緒に遊んであげることができない時に、サッとスマホを壁にくっ付けて、動画を見せて機嫌を取ったりしています。

また、料理中にキッチンのタイルにくっ付けて、レシピを見たり、好きなアーティストのPVを見たりするのにも役立っています。

Amazonのレビューでは、お風呂場の壁にくっ付けて動画を見ている、なんて人もいました。最近のスマホは耐水性がある物も多いので、この使い方も良いですね。

 

滑りにくい構造

waylly.com

壁にくっ付くという機能に目が行ってしまい、買ってみるまでは全然気が付きませんでしたが、壁にくっ付くということ以前に、スマホケースとして、様々な工夫がされているなと感じました。

例えば、ケースの側面は、滑りにくくなるよう、ギザギザが施されています。これが指に引っ掛かりを作ってくれ、滑りにくい構造になっています。

また、ケース背面は壁にくっ付くだけあって適度な粘着力があり、スマホを握りやすくなっていますので、結果として落下しにくくなります。

 

衝撃吸収・保護機能も十分

公式HPによると、ケースの側面は、柔らかく丈夫な「高級TPU」が使われています。

ここで、TPUとは何なのか調べてみたので掲載します。

TPUとは…

  • 「熱可塑性ポリウレタン」という素材のことで、プラスチックの一種で、ゴムのように柔らかい高分子素材である。
  • スポーツシューズの靴底や、カートのキャスター部分、自動車のコンソールボックスの表面などに利用されている。
  • 丈夫で弾力がある。

確かにケースの側面は柔らかいゴムのような、そしてビニルのような素材でできています。

柔らかいので、スマホへの装着のし易さは抜群です。また、弾力があるので、しっかり本体を保護してくれます。

また、ケースの背面部分はクッションの様にやわらかく、ケースの側面を含めて、ケース全体がスマホを包んでくれるので、落下における衝撃や、少々の傷からは十分保護してくれると思います。

 

デザインがかっこいい

waylly.com

デザインは数種類ありますが、どれもシンプルでかっこ良いです。

よく見てみると、音量ボタン等の細かい部分のデザインも精巧に作られていました。

デザインの中には、下のような女子受けするような可愛い物もあります。

カラーもブラックだけではなく、ホワイトもあります。

さらに、手帳ケース、カードケース、バンカーリング付きのオプションもあるので、ライフスタイルや好みに合わせて追加することができます。

選択肢がたくさんあり、自分に合わせたスマホケースにできるのがとても良いです。

 

ワイヤレス充電器も使用可能!

iPhone8からはQi規格のワイヤレス充電が可能になりました。

私はiPhone8を利用しており、Ankerのワイヤレス充電器を使用していますが、WAYLLYスマホケースを装着してても、ばっちり充電できることを確認しました。

ケースが厚いとワイヤレス充電ができない場合がありますが、その心配はありません。

※私が使用しているワイヤレス充電器はこちら

iPhone8・iPhoneX対応のワイヤレス充電器「Anker PowerPort Qi 10」をレビュー!

安い!iPhone8・iPhoneX対応のワイヤレス充電器「Anker PowerPort Qi」をレビュー!

 

WAYLLYスマホケースの気になった点

と、ここまではWAYLLYスマホケースを買って良かった点を書いてきましたが、実際に使ってみて、少し気になったところを書いていきたいと思います。

 

ゴミや繊維が付着する

ある程度仕方がないことだと思いますが、背面は接着力が強いので、洋服やソファなどの繊維が付着してしまいます。

特に、使い始めの時期は粘着力が強いので、すぐ繊維が付いてしまいます。

ただ、ある程度使っていると粘着力が落ちてくるので、繊維もさほど着かなくなり、気にならなくなってきます。

ブラックのケースだとゴミや繊維が目立ってしまうので、気になる人は、初めからホワイトのケースを選ぶと良いでしょう。

 

背面の文字やデザインがかすれてくる

私は、最もスタンダードな、背面に「WAYLLY」と書かれたケースを使用しています。

スマホを持ち運ぶ時は、ポケットに入れたり、カバンに入れたりしていて、特段雑な扱いはしていないのですが、1週間使用してみて、「WAYLLY」というデザインが若干かすれてきました。

試しに爪を立てて文字をこすってみると、塗料が削れるのを確認できます。

そもそも、私はデザインがかすれても全然気にならないんですが、気になる人は、オプションのミラー付きカードケースや手帳型ケースを使って、より長く使えるようにすると良いでしょう。

 

気になる点は以上の2点だけでした。

実際に使ってみて、「WAYLLY」のスマホケースは、ケースとしての機能も優れており、さらに、壁にくっ付くことで様々な場面で活躍してくれるスマホケースであることを確認できました。

気になる点も些細なことだったので、買って良かったと強く思える商品でした。

背面をウエットティッシュでサッと拭けば、新品のように粘着力が復活しますので、長く使うこともできそうです。

「WAYLLY」スマホケースは、多くのメディアなどで紹介され、既に人気沸騰中のスマホケースです。

ヴィレッジヴァンガードやヨドバシカメラなどの店舗で購入できるほか、Amazonや楽天でも購入することができますので、気になる方は見てみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です