ビアンカとお化け退治をやり遂げ、子ネコを助け出した主人公。パパスの風邪も回復したので、ビアンカと別れ、主人公親子はサンタローズの村に帰ってきました。

サンタローズの村では、また新たな冒険が始まります。一体どんな冒険が待っているのでしょうか。

スポンサーリンク



いたずら事件が多発

サンタローズの村に戻るなり、パパスはすぐに調べ物に取り掛かってしまいました。

退屈なのでサンチョや村人に話を聞くと、サンタローズの村では、いたずら事件が多発していることがわかりました。

まな板がどこかに行ってしまって困るサンチョ。他にも酒場のグラスが無くなったり、民家のシチューが何者かにペロッと食べられたり、不思議な事件が発生しています。

 

主人公にそっくりな青年と遭遇

村を動き回っていると、明らかに主人公と同じような服装をしている青年に会いました。

ここでは、お化け退治で手に入れた「ゴールドオーブを見せてくれないか?」と頼まれ、貸してあげます。

ゴールドオーブを返してもらった後のセリフが、これからの主人公を行く末を物語っています…。

この時はよくわかりませんでしたが、ストーリーを進めていくと、この出会いの意味が判明します。

 

ようせいのベラに出会う

村の酒場に行くと、半透明の怪しい女の子に出会いました。

妖精ベラとの出会いです。主人公以外の他の人には姿が見えないんだとか。

 

いざ、ようせいの村へ!

ベラの案内で、妖精達が住む「ようせいの村」に行くことになりました。光る階段を上りきると、ようせいの村に行くことができます。冒険してる感が凄い!こういう非現実的な光景にワクワクしますよね。

 

ポワン様との出会い

ようせいの村に到着し、ベラが人間界に来ていた意味を知ります。ようせいの村では、「春風のフルート」を何者かに盗まれてしまい、春が訪れないので困っているようです。

確かに、「ようせい」って花とか温かい季節のイメージがありますが、冬のようせいの村はちょっと違和感がありますね。

「春風のフルート」を取り戻す戦士を探していたとのことでしたが、6歳児でいいのでしょうか…(;’∀’)

 

春風のフルートを取り戻すため、ベラが仲間になりました!目的がわかりやすくて良いです。(笑)プレイ時間が空いてしまっても忘れなそう。

 

ちなみに、ここで出会ったポワン様とベラは、2018年現在もオンラインサービスが続いているドラゴンクエスト10でも季節イベントで登場しています。

ドット絵では表情まで良く分かりませんが、ドラクエ10では、顔がはっきりわかるので、こんなに美人だったんだと驚きました。

こちらはポワン様

そしてこちらがベラ

 

氷の館に行ってみる

ようせいの村から出て北に向かうと、ひときわ目立つ、氷の建物がありました。

「氷の館」と呼ばれているようですが、扉が開きません。

そうでした…。完全にストーリーを忘れていましたが、まずは、ようせいの村の西にある「ドワーフの洞窟」に行かなくてはいけないんでしたね。

 

ということで、ドワーフの洞窟を目指します。

洞窟の中にはドワーフのおじさんとスライムが1匹。

どうやら、「春風のフルート」はこのドワーフの息子である「ザイル」が、盗んでしまったみたいです。「ザイル」を正義の道に戻すためにも、氷の館に行って説得しなくてはいけませんね。

この洞窟の奥には、氷の館の鍵を開けるための“技”を身に着けることができます。“鍵”ではなく“技”を身に着けるって珍しいですね。なんか盗賊みたい。

さあ、「カギの技法」を身に着けて、再び氷の館に向かいます。

 

氷の館に潜入

身に着けた「カギの技法」で氷の館の扉を開けて、奥に進んでいきます。氷の青さがとても綺麗ですね~。

氷は滑るので移動が大変ですし、簡単な仕掛けがあって、進むのは結構大変です。

 

氷の館の奥には…

氷の館の奥に、いました、春風のフルートを盗んだ「ザイル」君です。ドット絵で見ても子どもだとわかる可愛らしさです。

「ポワンは じいちゃんを 村から追い出した にくいヤツだ!」と言っています。

ポワン様がそんなことをするとは思えませんが…?

 

雪の女王の登場

ザイルを倒すと、裏で糸を引いていた「氷の女王」の登場です。ザイルに「ポワン様がじいちゃんを村から追い出した」という嘘の情報を吹き込んだようです。

ザイルは雪の女王に騙されていたようです。ザイルと氷の女王の2連戦なんでちょっときついですが、頑張って倒さなくては…!

 

氷の女王を倒した!

ベラのMPも尽きてギリギリでしたが、なんとか倒せました。ちなみに主人公Lv9、モモLv6といった感じです。

ようせいの村の危機でしたが、なんとか春風のフルートを取り戻せました。ザイルも「じいちゃんに しかられるー!」って言って帰っていきます。軽いな~(笑)息子だったらげんこつしてたとこ。

 

春風のフルートを妖精の村へ

ポワン様の元に取り戻した春風のフルートを持っていきます。やっと春が訪れるということで、喜んでくれます。良いことをしました。

「困ったことがあったら、力になってくれる」という約束も取り付けます。今後の物語で重要になってくる約束になります。

 

こう考えると、最初からバンバン伏線を入れてきますね。計算つくされた物語だなって感心してしまいます。

ようせいの村に春が訪れると、ベラとの別れが。短い間だったけどありがとー。

ようせいの世界は綺麗な色使いで楽しめました。

 

次なる冒険。ラインハットの城へ

サンタローズの村に戻ると、サンチョからパパスの元にラインハットの城から使いが来て、出かけることになったという報告を受けます。

 

初めて聞く「ラインハット」の名前。また次なる冒険の始まりです。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です