バレンタインが近づくと、子ども達に何のチョコレートをあげようか迷いますよね。

私には3歳の息子がいますが、きかんしゃトーマスが大好きなので、何かトーマスに関するオマケが付いてくるチョコレートが良いなと思い、探していたところ、トーマス好きの息子にピッタリのチョコレートを見つけましたので、早速購入してみました。

ということで今回は、「トーマスのチョコエッグ」をご紹介します。

スポンサーリンク



Zaini チョコエッグ きかんしゃトーマス

私が購入したのは、Zaini(ザイーニ)というブランドのチョコエッグです。

トーマスのチョコエッグは他にSweet社の物があるなど、いくつか種類があるみたいです。

チョコエッグは皆さんご存知だと思いますが、卵型のチョコレートの中に、おまけが入っているお菓子です。

コンビニなどで良く売られていますよね。

今回購入したのは、一箱に3個のチョコエッグが入っていました。

最近の日本のチョコエッグは外側がミルクチョコ、内側がホワイトチョコで覆われている物もありますが、今回のチョコエッグは、全てミルクチョコでできていました。

また、原産国はイタリアでした。とは言っても、味は日本のチョコエッグとさほど変わらないと感じました。

 

おまけの種類

チョコレートの中には、トーマスのおまけが1個入っています。全16種類で、内訳は、フィギュア6種類、ペントップ6種類、消しゴム4種類です。

小さいパーツがあるためか、対象年齢は「15歳以上」となっていますが、15歳って高校生になる年齢ですよね…。ちょっと高すぎる気がします。

日本での対象年齢は、輸入者の日本の会社が独自で設定していますが、イタリアでは4歳以上が対象とされています。

自己責任にはなりますが、おまけを口に入れてはいけない、ということが判断できる子どもには、買い与えても問題ないと感じました。

 

実際に当たった中身

それでは、実際に当たったオマケを紹介します。

1つ目:ペントップ(ロージー)

ロージーのペントップが当たりました。

鉛筆に付けるとこんな感じです。可愛くて、子どもの勉強が捗りそう。

細部まで良くできています。

それにしてもロージーを採用するなんて中々渋いですね。

2つ目:消しゴム(ヘンリー)

消しゴムが当たりました。ヘンリーが印刷されています。

こちらも出来栄えはなかなかいい感じです。

ペントップと揃えると可愛いです。

 

3つ目:フィギュア(トーマス)

トーマスのフィギュアが当たりました。

カプセルの中に付属されているシールを貼り付けて完成です。

かなり小さいですが、顔もしっかりしていて、なかなか可愛い仕上がりですよ。

 

3つ並べるとこんな感じです。

 

今回は、トーマスのチョコエッグを紹介しました。

私が購入した際は、偶然にもペントップ、消しゴム、フィギュアが1個ずつ当たりましたが、3個とも同じ種類の物になってしまう事もあるようです。

子どもはオマケが好きですから、単純にチョコレートをあげるよりも、ちょっとしたオマケが付いてくるチョコエッグは喜んでもらえると思います。

値段も600円程度とお手頃です。

Amazonや楽天でも購入できますので、興味のある方はご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です