こんにちは!「ダチたま」です!

息子は現在3歳です。まだ時間があるとはいえ、数年先は小学生。

息子

う〇こ~!

と言って走り回る息子。

ダチたま

果たして我が子は勉強ができる子になるんだろうか・・・。

状況は違えど、どの親も漠然とこんな不安を抱えていると思います。

そんな時、タブレットで算数を勉強できる教材「RISU(リス)算数」の存在を知りました。

学年が上の子の勉強を先取りでき、しかも東大生の個別フォロー付きで苦手な勉強を次々に解消できるとのこと!

私が使うNintendo SwitchやiPhoneを羨ましそうに見ていた息子だったので、タブレットでの勉強は合うかも!と思い、早速体験してみました。

今回は、3歳児が体験してみた感想をまとめたいと思います。

スポンサーリンク



RISU算数・RISUきっずって何?

RISU算数とは、タブレットで算数を学べる教材です。

「RISU算数」が小学生向け、「RISUきっず」年中後半から年長さん向けとなっています。

RISU算数には、以下のような特徴があるんです。

  • 学習データの分析により苦手な問題を解消できる
  • 東大生ら一流大学生の個別フォローが受けられる
  • 学年より上の勉強が先取りできる

Wifiを使ってデータをタブレットからサーバーに送ることで、子どもの学習データを分析し、苦手な問題を特定してくれるんです。

しかも、解説動画等の東大生らの個別フォローにより、スムーズにつまずきポイントを解消してくれます。

小学生入学前の算数の先取りや小学生高学年の算数など、学年より上の勉強ができてしまうのも魅力。

もちろん、苦手な問題を繰り返し復習することもできますよ♪

 

RISUきっずの中身

息子は3歳で小学生向けのRISU算数はまだまだ難しいので、RISUきっずを体験することにしました。

箱の中身はこんな感じです。

革のケースに覆われたタブレット本体とタッチペン、充電器、説明書が付いてきます。

説明書は正直読んでいません。読まなくても、数分で簡単にWifi等の初期設定ができます。

 

RISUきっずを体験した様子

人生初めての100点!

RISUが到着してから初期設定を行い、早速勉強を開始してみました。

息子はタブレットに興味津々。ペンを持ってタブレットを操作していきます。
3歳児ですが、タブレットの操作に抵抗はない様子。

ダチたま

さすが現代っ子だなあ

小問題は、ペンを使って数を数えたり、

 

指を使って数を数えたり、自分なりに工夫しながら取り組んでいました。

 

穴埋め問題は、読み上げ機能を使っても少し意味が理解できなかったみたいなので、私が問題を説明して一緒に進めていきました。

問題を解くのも大事ですが、こうやって親子のコミュニケーションを取りながら勉強できるのもいいなと感じました。

 

そして、息子人生で初めての100点をゲット!

息子

やったー!わーい!わーい!

漫画のように喜んでくれました。問題を解けたことが自信になったみたいです♪

 

そして、人生初めての75点…

慣れてきた息子は、次々と問題を解いていきました。数字も次第に大きくなっていきます。

数え間違いも増えてきた様子。

 

そして、ついに1問間違えてしまいました。人生で初めての75点です。

ダチたま

ああ、ここでふてくされて、投げ出してしまうかな?

そう感じたんですが、

息子

あれ?間違っちゃった

と言いながら、間違った問題を再チャレンジできました。どうやら、RISUの楽しさの方が勝ったようです!

 

再チャレンジして100点を取れた時には、この喜びの顔(*´ω`*)!(全てのお顔は見せられませんが、お口だけ)

 

間違った問題を乗り越えられた時の喜びはひとしおだったようです。

 

あっというまにステージをクリア!

途中、東大生からの先生動画に応援をしてもらい、

息子

すごいねえ!

と、親以外に応援される喜びを感じながら

あっという間に75問あるステージをクリアしました!

ステージをクリアするころには、1から10までしか数えられなかった息子が、1から20まで数えることができるようになり、数字も読めるようになりました。

息子

「じゅう」は最初1が付くんだよね!

と言って、自分なりに数字を理解した様子です。確実に学習が定着し、息子の身となっていることを感じました。

 

RISUきっずを体験してわかったメリット

3歳児にはRISUは少し早いかな?と思っていたんですが、実際に体験してみて、様々なメリットがあると感じました。

 

楽しみながら学習できる

ダチたま

勉強は楽しみながらやれる子になってほしい

と私は願っています。大人になってからも学ぶことは大切なこと。学ぶことに喜びを感じられるような子に育ってほしいのです。

RISUはイラストが可愛いだけではなく、操作も簡単です。さらに、問題がたくさんあり、その出題形式も様々なので、「楽しんで勉強できる」教材だと感じました。

 

子どもの学習状況に合ったペース勉強できる

息子は、RISUを始めた当初、1から10までしか数えられなかったんです。「11」が登場した時には、

息子

なんて読むの??

と言って混乱した様子でした。

そこで、10より大きい数字の問題を繰り返し解くようにしました。

こうしていくうちに、自然と10より大きい数字を読めるようになり、数える範囲を広げていくことができるようになったんです。

勉強が得意な子は、どんどん先に進んで、学年の上の勉強を先取りできますし、苦手な子は、とことん苦手な問題の解消に努めるなど、その子の学習状況に合わせた取り組み方ができるのが、RISUの魅力だと感じました。

 

親とのコミュニケーションを深められる

年長くらいの子であれば、RISUの音声読み上げ機能などを利用し、一人で問題を解いていくことができるでしょう。

ただ、私の息子はまだ一人で問題を解くことができませんでした。そこで、私が問題を説明し、どのようにして解けばよいか教えながら進めることにしました。これにより、親子のコミュニケーションが生まれました。

勉強を解くのももちろん大事。ですが、小さい子には、このように親子のコミュニケーションを深めることも大事だと思います。

 

沢山の成功体験ができる

RISUで人生初めて100点を経験させてあげることができました。また、たくさんの問題を解いたり、難しい問題を解くことで、たくさんの成功体験をさせてあげることができました。

子どもにとって成功は自信になります。積極性のある子に育てるためにも、成功体験により自信をもってもらうことは大切です。

 

失敗を乗り越えることができる

逆に、RISUで失敗を経験させてあげることができました。

失敗しても、再チャレンジしたら、また100点を取ることができるんだ、ということも経験させてあげることができました。

私は息子に対し、間違いを恐れず、何度もチャレンジする気持ちを持ってほしいと思っています。

算数を通じて、失敗を乗り越えることの喜びを教えてあげられるのも、この教材のメリットだと感じました。

 

50名限定!1,980円(税別)で特別に1週間お試し可能!

ご紹介してきた「RISUきっず」ですが、
以下のクーポンコードを使って申込みを行えば、50名限定で、特別にRISUを1,980円(税別)で1週間お試し利用することができます♪

クーポンコード「dac07a」

通常は即申し込みになるところ、割安でお試しできますよ♪

しかも、お試し後に本契約をすると、お試し料金1,980円(税別)は無料になります!

百聞は一見に如かず!子どもに勉強の楽しさを知ってもらいたい方は、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

↓↓↓ 申し込みはコチラ ↓↓↓

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、3歳児にRISUきっずを体験させてみた感想と、感じたメリットをまとめてみました。

RISUきっずをやれば、間違いなく算数は強くなります。RISUによる学習により、息子がめきめきと力をつけていくのを目の当たりにしました。

また、RISUきっずは、算数に強くなるほかにも、算数を通じて「勉強の楽しさを知る」「間違っても再チャレンジして乗り越える喜びを知る」といったことも教えてあげられる教材です。

未就学児にもおすすめできる素晴らしい教材です。気になった方は是非チェックしてみてください。

 

↓↓↓ 申し込みはコチラ ↓↓↓

この記事をシェアする
カテゴリーRISU

“算数をタブレットで学習!RISU算数(RISUきっず)を3歳児が体験して感じたメリットとは” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です